中性脂肪 下げる

32歳のときに沖縄に転勤した。

 

社内恋愛が上手くいかなくなったから全く見知らぬ土地に行きたかった。

 

会社が那覇に新設の営業拠点を作ることになったので、これ幸いで手を上げた。

 

 

中性脂肪が高い

 

 

沖縄といえば、取引先のみなさん酒が強いしゴルフが上手い。

 

一生懸命ゴルフを練習し、夜の付き合いもじゃんじゃん行った。仕事のためだと割り切って・・・。

 

 

 

2年目の健康診断で中性脂肪と悪玉コレステロールがかなり高いと注意を受けた。

 

もともと酒は好きで甘いものも好きという両刀使いだ。

 

揚げ物も好きだし、肉類も大好き。

 

 

中性脂肪が高い

 

 

しかも沖縄といえば、飲んだあとのシメにステーキを食べたりするからすごい。

 

料理はチャンプルやイリチーなど油炒めが多い。

 

具材にはスパムがよく入っている。

 

沖縄風てんぷらは衣が厚くて高カロリーだがとても美味しい。とくに魚やイカのてんぷら。

 

 

 

しかも1年中暑いから、ちょっとの距離でも歩かずにクルマで動く。

 

周りを見渡すと太ってる人がとても多い。

 

沖縄が長寿の国だったのは昔の話で、今では成人病予備軍の人だらけだ。

 

 

中性脂肪が高い
そんなこんなで医者に高脂血症と診断され薬を処方されるようになった。

 

薬を飲んでる安心感からか生活は相変わらずだった。

 

酒も飲むし、甘いものも食べるし、揚げ物も良く食べる。

 

安いアメリカ牛が、これまた旨い。

 

 

 

 

3年後に福岡に転勤したころには、高脂血症がもっとひどい数値になっていた。

 

 

そして薬を飲み忘れると逆に数値が跳ね上がるようだった。

 

中性脂肪が高い
博多は沖縄と違い鮮魚がとても旨かった。

 

魚を食べるとDHAEPAが取れて身体にいいというので、結局、飲みに行く回数が増えた。

 

博多は、魚以外にも、焼き鳥やもつなべ、一口ぎょうざ、屋台、長浜ラーメン、牧のうどん、てんぷらの平尾、などとにかくなんでもうまかった。

 

 

そしてあっという間に中性脂肪が1200というびっくりするような値を示すこととなった。

 

 

これはやばいという医者の判断で日赤病院の糖尿病棟に強制的に入院させられた。

 

糖尿病にはまだなってなかったが、その手前ということだった。

 

 

中性脂肪が高い

 

 

入院したその日のブリーフィングで看護士さんから嫌いな食べ物があるか、と聞かれたので

 

「納豆はくさいから嫌いだ」と答えた。

 

翌朝の食事は、ご飯と味噌汁と納豆だった。

 

 

医者から、朝、昼、夕と1日3回40分間以上を早歩きをするように指導された。

 

雨の日は、病棟内をぐるぐる歩いた。

 

タバコもやめさせられた。

 

糖尿病は血管が弱くなる病気だから、喫煙習慣はとても良くないのでやめさせられる。

 

食事は1日3回だが、味付けは薄く、3食の合計カロリーが1600kcalだった。

 

メインは、魚か鶏肉で、蒸した調理が多かった。

 

大好きな揚げ物は出なかった。

 

 

 

糖尿病の人たちの食事は自分よりももっと少ないし、食事のカロリー計算を毎日勉強する。

 

食事をすることが大好きだからこそ、こんなところに入院するはめになってしまったのだ。

 

だけれどもこんな食事ばかりでは気が滅入ってしまった。

 

 

中性脂肪が高い

 

 

ブルーになってる自分のところに担当の看護士さんがちょくちょくやってきては、生活習慣病の成れの果てを詳しく話していくのだった。

 

「俺はどうせ一人もんだし、好きなもん食って酒飲んで、ぽっくりいけばいいんだよ」

 

そんな自暴自棄になってる自分に諭すように看護師さんは、「生活習慣病の病気はぽっくりいかずに、半身不随になったり、身体が不自由になる病気が多いんですよ」と脅した。

 

 

 

中性脂肪が高い
やがて、低カロリーの食事と1日三回の高速散歩を続けたら1ヶ月で数値が正常値になり退院することになった。

 

体重も7kg減ってズボンがスカスカになった。

 

看護士さんとのロマンスがなかったのが残念だった。

 

 

1ヶ月ぶりに会社に出たら、みんなが焼肉屋で快気祝いをしてくれた。

 

中性脂肪が高い

 

 

また、行きつけの居酒屋の常連達も祝ってくれた。

 

そうしてまたまた中性脂肪の数値が上がっていきそうな様相を呈したのだった。

 

 

が、自分もバカじゃないので、朝は、会社に行く前に1時間ほどウォーキングをするようにした。

 

食事も野菜を多く取るようにした。

 

とはいえ入院時の貧相な食生活とはまったく違う高カロリの食事のおかげで体重も増え始め、数値は正常値150以内を少し超えた200〜300になってきた。

 

せっかく入院でやせたのにまた太り始めた。

 

 

 

そんなとき事件は起こった。

 

 

あるときに赤十字センターで献血をし、それから3ヶ月後にまた献血をしにいった。

 

前回同様に受付を済ませた後、ドクターの診断を受け、血液検査をすると告げられた。

 

ひょっとして性病か?と頭をよぎったのだが・・・

 

 

その後、ドクターから告げられた言葉がショックだった。

 

あなたの血液は脂肪が多いので献血には使えないのでお帰りください

 

という言葉に

 

でも前回きたときには普通に献血しましたよ

 

と聞くと

 

ああ、前回献血していただいた血液は捨てましたよ

 

もっと食事改善とダイエットをしてから献血にきてくださいね

 

 

とてもびっくりした。俺の血は捨てられたそうだ。

 

 

性病じゃなかったのでよかったけど、献血して血を捨てられた経験のある人はそうザラにはいないだろう?

 

 

 

それからの自分は、ウォーキングだけでは、なかなか中性脂肪の数値が下がらないので、あるものを摂りはじめた。

 

 

会社の先輩がすすめてくれた、【シボヘール】というお腹の脂肪を減らすといううわさの機能性表示食品だ。


 

シボヘールには、お腹の脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)、ウエスト、体重(BMI)を減らすのを助ける機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」が配合されている。

 

葛の花由来イソフラボンは、

 

1)脂肪の合成を抑える
2)脂肪の分解を促進する
3)脂肪の燃焼を促進させる

 

という3つのパワーで気になる脂肪に働きかけてくれるのだ。

 

シボヘールは、肥満気味な方、BMIが高めな方、おなかの脂肪が気になる方、ウエスト周囲系が気になる方におススメの1日4粒飲むだけの、新習慣・機能性表示サプリメント。

 

しかも機能性表示食品なのに1日わずか93円、毎日4粒飲むだけという安くて手軽に取れるすぐれもの!!

 

内臓脂肪、皮下脂肪、ウエスト 体重、これらが下がれば、当然、中性脂肪もぐ〜んと下がるはず・・・!

 

 

>>シボヘールの詳細はこちら

 

 

シボヘール

 

 

シボヘールのらくらく定期便なら、通常価格3,218円のところ初回980円で購入できます。

 

しかも送料無料

 

2回目以降は、ずっと12.7%OFFの2,808円になります。

 

シボヘールしかも回数の縛りなどなく、いつでも変更や停止が出来ます

 

シボヘール

 

 

そして1ヶ月後には、350もあった中性脂肪の値が145まで下がったのでとてもうれしかった。

 

 

それから毎日歩く以外にも、腕立て伏せと腹筋を少しやるようにした。

 

野菜を食べる割合も増やした。

 

酒はビールや日本酒をやめてハイボールや芋焼酎を飲むようにした。

 

 

この調子で来月くらいに赤十字センターにリベンジするぞー!!

 

 

>>シボヘールの詳細はこちら

 

 

シボヘール